English Versionお問い合わせ

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

「MAK」とは、1996年に開発され、シイタケ菌糸体培養培地抽出物の製法に基づき中国古来から珍重されてきた霊芝(マンネンタケの別称)の菌糸体をバガス(砂糖きびの繊維性成分)と脱脂米糠を原料とした固体培地に増殖させて製造した醗酵食品です。マンネンタケは固有の酵素を駆使して堅い原木の中で増殖し、僅か数日でキノコを作る強い生命力を持ち、その特質を応用したものが「MAK」です。その原点であるバガスを基本とした固体培養法は弊社が長年かけて研究した方法によるものです。                   


                                     本サイトに記載情報及び画像の無断複製、流用は著作権法の例外を除き禁じられています。
2016.08.09
LEMバリアのど飴
2016.03.09
対面販売専用商品「椎菌レジェンド」発売
2015.08.31
新第一工場 完成
2015.03.16
[ニュースリリース]シイタケ菌糸体培養培地抽出物(LEM)の抗アレルギー効果(829KB)
2015.01.21
安全性自主点検への認証登録(763KB)